心と身体にやさしいコラム

-目次->> 私たちの身体と水の役割

私たちの身体と水の役割

私たちの身体の成分の約60%は水です。そして水は、身体のすべての機能がスムーズにおこなわれるための運搬・調節役として、次のような働きをしています。

  1. 身体の中の運搬作用
  2. 体温調節
  3. 体液濃度の調節
  4. 老廃物の排泄

毎日身体の中で行われている水の出納は次のようなっています。

水の出納(1日間)


水の喪失

水の摂取

尿

1.100ml

飲料

1.000ml

100ml

食物水分

700ml

呼気(肺)

200ml

代謝水(例、ブドウ糖)

300ml

不感蒸泄(皮膚)

600ml

−−− −−−


合計

2.000ml

合計

2.000ml


また、体内水分の時間的な変動を示すものとして、血液水分の変動を、1日及び1年間それぞれで調べた実験結果では、日内では夜間から早朝においての変化が激しく、特に午前4時から朝の覚醒時にかけて急激に減少し、季節では夏季よりは冬季において減少傾向にあることが確認されています。どちらも感覚的には水を取ることを忘れがちな時期ですが、血液の流れをスムーズにするためにも、冬場や起床時の水分補給を心掛けたいものです。

目次へ戻る
Copyright(C)2000-2004 Able Sports Planning All rights reserved.